上智大学法学部 Sophia University Faculty of Law

研究科委員長メッセージ

北村 喜宣
北村 喜宣

 人生のなかで、自分の好きなテーマについて集中して研究ができる時間は、それほど多くありません。大学院法学研究科法律学専攻は、学部時代の学習をより深めたいと考える人、そして、社会人としての実務経験を踏まえてそれを学問的に深めたいと考える人に、門戸を開きます。

 生きていくうえで必要な「知」は、自分で苦労をして発見してはじめて修得できるものです。「研究が仕事」となる場所において、法律学や政治学の分野における自分のテーマを専門的に探究し、社会において「自分」という存在を意味あるものとして示すその基礎的トレーニングをする。それが大学院法学研究科という時間・空間です。

 その向こう側には、どのような世界があるのでしょうか。博士後期課程に進学すれば、博士号取得をして、研究職の道に進むでしょう。博士前期課程修了で社会に出る人は、企業法務、官公庁、国際機関等で専門家として活躍することでしょう。法学研究科において習得した「知力」は、ますます複雑化・高度化・国際化する社会を生きるにあたって不可欠な自己財産となります。

 人生を歩むペースは、人それぞれです。専門的知識をつけて早くに社会に出たいという学生は、学部早期卒業(3年)と博士前期課程早期修了(1年)の合計4年間で修士号が取得できます。実務経験を踏まえて十分な問題認識を持つ社会人は、同じく早期修了制度を利用して、大学院でグレードアップさせた自分になって職場に復帰します。研究職を目指す人は、在籍中に外国の大学院に留学するかもしれません。広い視野を身に着け、現代社会が解決を求める法学的課題に取り組める能力を身に着けます。

 法学研究科においては、幅広い学問分野の専門家が、みなさんの学習をサポートします。研究者としての先輩である教員との密度の濃い知的対話を通じ、考えてもみなかったような多くの問いを認識し、その解明へのチャレンジを繰り返す。そして、誰も見つけていない自分だけの答えをその手におさめるのです。専攻は別にしても、同じような思いで研究をするほかの大学院生とも議論を深める。研究室においては、緊張感のある毎日が続きます。

 多くの大学が大学院を充実させているのは、現代社会が専門知を求めていることの反映です。上智大学大学院法学研究科法律学専攻での学問との出逢いは、みなさんの将来に大きな影響を与えます。さらに魅力ある自分にするために、私たちと一緒に学びましょう。


上智大学大学院法学研究科法律学専攻
博士前期課程のご案内はこちら