お知らせ

2016年度ソフィアエコロジーローセミナー【Aセミナー】のご案内

「CSRと環境法を考える連続セミナー」

【コンセプト】
ソフィア・エコロジー・ロー・セミナーの趣旨【※】を踏まえ、「より佳き環境法」を実現するために、企業の社会的責任(CSR)や企業環境法の現状や課題について、その第一線で活躍する関係者たちが講義し、今後の展望について語り合う。

全6回のプログラムです。御関心のある方は、ぜひ奮ってご参加ください。

会 場:上智大学法科大学院203号教室(四谷キャンパス2号館2階)
時 間:19:00~20:30
受講料:無料

日程 講師 テーマ
第1回
2016/11/7(月)
大竹 利幸 氏
(前田建設工業株式会社 CSR・環境部)
環境法対応の現状報告①(仮)
第2回
11/21(月)
樽谷 俊彦 氏
(ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社 経営戦略本部 経営管理部)
環境法対応の現状報告②(仮)
第3回
12/5(月)
大塚 健護 氏
(大栄環境グループ 本部 総務部 総務担当次長)
循環産業の法対応と新戦略:~大栄環境株式会社の取り組み~
第4回
12/19(月)
井田 徹治 氏
(共同通信社編集委員 兼 論説委員)
ジャーナリストから見た「企業と環境法」
第5回
2017/1/16(月)
黒柳 要次 氏
(株式会社パデセア代表取締役)
EMSの現状と課題:~ISOとエコアクション、これまでとこれからを考える
第6回
1/30(月)
筑紫 圭一 氏(上智大学法学部)、
安達 宏之 氏(洛思社代表取締役)ほか
企業は環境法とどう付き合うべきか(まとめ)

※テーマ等は変更されることがあります。

【※】ソフィア・エコロジー・ロー・セミナーの趣旨
 法科大学院における研究教育を社会に還元し、その反応を踏まえてさらに内容を改善することは、上智大学にとっても重要な課題であるとともに、これに対する社会的要請も高まってきている。上智大学法科大学院は、かねてより、環境法政策プログラム(Sophia Environmental Law and Policy Program, SELAPP)を組織し、関係授業への聴講生制度の導入、研究会やセミナーなどを開催することによってこの要請に対応してきたが、ひとつのテーマのもとで連続した議論を展開する取組みには未着手であった。
 「より佳き環境法」の実現は、現代社会が目指すべき大きな課題である。SELAPPは、ソフィア・エコロジー・ロー・セミナー(Sophia Ecology Law Seminar, SELS)として、新たに連続セミナーを夜間に開催することで、社会の要請に対応する。受講生としては、主として、弁護士、行政職員、企業法務職員などの法律実務家、環境法の遵守に関心を持つ民間企業人、そして、大学院生・学部学生を想定する。

  • 上智大学 法科大学院 案内
  • 環境法政策プログラム 案内
  • 図書館
  • 自己点検・評価
  • TKC(在校生)上智大学法科大学院教育研究支援システム
  • L-BOX 上智法科大学院在校生・修了生専用