上智大学法学部 Sophia University Faculty of Law

法曹コース認定

 2020年1月30日付けで、文部科学省に申請していた上智大学法科大学院と上智大学法学部との法曹養成連携協定(法科大学院と司法試験等の連携等に関する法律6条3項)が認定されました。

 これに伴い、2020年度より、上智大学法学部では法曹コースを設置し、「法学部3年間+法科大学院2年間」の5年一貫で司法試験合格を目指す法曹コースにおける教育を開始いたします。

 これまで、法曹資格を得るためには時間と費用がかかると思われがちでしたが、新たに設置する法曹コースは、法学部・法科大学院の教員、弁護士チューター等の手厚いサポートのもと、法科大学院在学中の司法試験合格を目指すための新たな制度です。法曹を志望する皆さんの積極的な参加を期待します。

 上智大学法学部では、1年次の1月末に法曹コース生を募集し、法曹コース運営委員会の下で司法試験の早期合格を目指した教育指導を集中的に行います。法学部・法科大学院の教員に加え、若手の弁護士がタッグを組んで法曹コース生を指導するサポート体制を組み、法曹コース生用の演習、正課外のゼミ等を通じて丁寧な指導を行います。法学部での3年間、法科大学院2年間のそれぞれの段階での目標を定め、司法試験合格への道標を明確に示します。様々な形での学習支援や法科大学院進学後の奨学金制度も充実しています。法曹を志望される方は、ぜひ、上智大学法学部「法曹コース」に御参加ください。

法学部長挨拶 ~法曹コース発足1年~

 上智大学法学部では、2020年の法曹コース設置により、法曹(裁判官、検察官、弁護士)の養成に、積極的に踏み出すことになりました。

 2020年4月から発足した法曹コースでは、多くの修了生弁護士による充実した指導体制の下で、約25名の法曹コース生(現法学部2年生)の皆さんが、司法試験を目指し熱心に勉学に取り組まれており、学力は格段に向上しています。

 今後も、法曹コース生の皆さんの頑張りに期待するとともに、上智大学から多くの優秀な法曹を輩出できるよう、法曹コースでの教育を充実させてまいります。

2021年2月 法学部長

5年間一貫プログラムの流れ

5年間一貫プログラムの流れ

法曹コースの具体的内容

  1. 法曹コース指定科目:法曹コース生は、各学科の必修科目とは別に、コースを修了するための指定科目を全て履修する必要があります。
  2. 法曹コース生用演習:法曹コース生を対象とした演習が開設されます。
  3. チューター・ゼミ:弁護士である講師陣(チューター)による各種のゼミが提供されます。
  4. 各種の自習教材:法科大学院で利用しているビデオ教材や、TKC教育支援システム等、自学自習を進めるための充実したツールが提供されます。
  5. 到達度確認試験:学習の到達度を確認するための試験を実施します。
  6. その他:そのほか、夏季休暇時のゼミ、月1回の月例会、講師陣とコース生等との交流イベント等を行います。

上智大学の5年一貫教育の特徴

法学部・法科大学院が一体となって早期合格への道をサポートするプログラム

少人数教育によるきめ細かな指導

充実したサポート

法曹コース生の声(2021年2月の匿名アンケートより)